【WordPress】[wpXクラウド]でSSL対応をする手順まとめ

本ブログはSSLに対応いたしました。

対応までの手順をまとめましたので、wpXクラウドで契約されている方はこちらのマニュアルを参照いただければと思います。

 

サーバー

wpX【クラウド】(プランA)  

手順

1.「wpX」の管理パネルから「独自SSL」の手続きを行う

2.SSLに対応しているか確認する

3.バックアップをとる

4.「https://」にリンクを置き換える   以下詳細手順です。

 

詳細手順

1.「wpX」の管理パネルから「独自SSL」の手続きを行う

まず、「wpX」の管理パネルを開き、「WordPress設定 > (ご自身のドメインの)設定」をクリック → 「独自SSL設定の追加」と進みます。

次に「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックし、進みます。

「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。」と表示されますので、そのまま待ちます。

完了したら、「戻る」をクリックします。

2.SSLに対応しているか確認する

次に、ご自身のドメインがSSL対応が完了しているか確認します。

使用しているアドレスの 「http://*(ドメイン名)*」を 「https://*(ドメイン名)*」 と「s」を加えてアクセスしてみます。

ちゃんと表示がされれば成功です。

「お探しのアドレスが見つかりません」などの表示になった場合はまだ完了していません。

 

3.バックアップをとる

SSL化が完了したら、次にバックアップをとります。

プラグインやFTP接続してバックアップを作成してください。

 

4.「https://」にリンクを置き換える

※本作業は、必ずバックアップが作成できたことを確認してから作業してください。

最後に、今まで作成された投稿や固定ページのすべてのリンクを「http://」から「https://」に置き換える作業を行います。

同様に「wpX」の管理パネルを開き、「WordPress設定 > (ご自身のドメインの)設定」をクリック → 「独自SSL設定の追加」と進みます。

次にタブ「SSL化補助機能」をクリックし、注意書きをよく読んだ上で「チェックを入れた機能を実行(確認)」をクリックし、実行します。

以上で作業は完了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です